恐るべし、レモンバーム

私には、強烈に印象に残っているハーブがあります。それはレモンバーム。

私は、結婚して10年ほど千葉県市川市に住んでいました。平屋の一軒家、ボロ家(大家さん、ごめんなさい)でしたが、庭がありました。冥加畑があり、桜の木があって、その下はスズラン。夏はコロッコロッの冥加がたくさん採れました。冥加、大好きなので素麺、冷奴の薬味だけでなく、和え物、サラダとふんだんに使ったものです。

小さな庭でしたが、びっくりするぐらい太いミミズがいましたから、土壌が良かったのでしょう。ラズベリーの小さな苗もすくすく育ち、あっという間にフェンスを張ってたわわに暗紫色の実をつけて、ピューレにジュースの素にしました。黄色い大きな蜂が来て怖かったですが……思えば、当時はもっぱら食べることばかり考えていました。

ちょうど夏休みでした、行楽の帰りにたまたま寄った園芸店でハーブをたくさん買いこみました。ペパーミント、アメジストセージ、オレガノ、ローズマリー、タイム、etc。

それにレモンバーム。とにかくいろいろ買いました。私はアメジストセージを楽しみにしていましたが、レモンバームがとんでもない奴でした!!!!!

レモンバーム、なんでもないレアチーズケーキにあの葉っぱを飾るだけで、ぐっと見栄えしていい仕事してくれますが、そんな大量に消費するものではありません。地植えにしたのもいけなかったのでしょうねぇ……気がつけば他のハーブたちは跡形もなく、レモンバームばかりが跋扈して、土壌がいいせいか野生の勢い。細いけれどしなやかで強い。

今なら、グーグル先生が教えてくれます、レモンバームの繁殖力は凄まじく、けっして地植えしてはいけないと。レモンバームは地中海地方原産ですが、今ではヨーロッパ各地、アメリカにも広がり自生しています。レモンバームのあの繁殖力、広大なエジプトをも制覇するのではないかと妄想してしまうのです。

ネフェルスタッフY.M