夏を元気に乗り切ろう!

まだまだ暑い日が続きますが、夜は涼しい風と虫の声に、秋の気配も少しずつ感じられるようになりました。そして、そろそろ、夏の疲れも出る頃ではないでしょうか。

湿気の多い夏は、東洋医学では、「湿邪」による体調不良が起きやすくなる時期です。「湿邪」とは、湿度の高い時期などに、体内に余分な水分や老廃物が溜まることで引き起こされる心身の不調のこと。だるさや疲れやすさ、女性をよく悩ませる「冷え」の一因になると言われています。

「湿邪」の対策の1つは、体内の余分な水分を出すこと。そのためにお勧めなのは入浴です。夏は、とかくシャワーだけですませがちですが、38℃~39℃のぬるめのお湯でゆっくり入浴することで、血液の循環が良くなり、身体も内から温められ、汗を出すことで、老廃物の排出と新陳代謝も促されます。全身浴でなくても半身浴でもOKですし、お風呂を沸かすのは面倒・・・という人は、大きめの洗面器にお湯を入れて足浴だけでも十分温まりますよ。

入浴後は、必ず水分補給を。冷たい水で再び身体を冷やさないように、お水は常温にしてくださいね。そして、お風呂上りの肌には、オイルを塗布して保湿してあげましょう。体の末端から心臓に向かってマッサージするように優しく塗布してあげてください。この季節、ネフェルのミントオイルやレモンオイルなどがスッキリ感を演出してくれるでしょう。ほんの少しのセルフケアで、毎日を快適に過ごし、夏を乗り切りましょう。

ネフェルスタッフ S.T