エジプトをより身近に感じる

エジプトと日本の関係はウイキペディアによるとお互いに大使館を設置しており、「とても強い友好関係にある」と評価されている。エジプトは中東の中心的存在で、外交上不可欠な国であるらしい。国どおしの関係は友好的で必要不可欠だが、私にとってエジプトは古代エジプト文明など歴史で習うだけの遠い国だった。

ネフェルに出会うまでは・・・

なぜか?

距離が遠いこともあるが、エジプト製のものをあまり見かけないこともある。たまに見かける絨毯やパピルスの絵くらいでしょうか?

調べてみると日本の貿易相手国収支ランキングで、1位は中国、2位アメリカ、3位韓国、エジプトは50位だった。日本からエジプトへの輸出が、輸入より3倍以上おおく、輸送用機器、一般機器を輸出し、エジプトからは、天然ガス・石油、石油関連製品、衣料、食料品等が輸入されている。日用品はまだまだエジプト製のもの、日本にないんですね。

それもそのはず。アラビア語は難解だし、エジプトとの商慣習も違うし、契約1つ結ぶのも大変!だけどネフェルは、そんな苦労をしてもファーマシェンタのボディーケア商品は、日本に輸入する価値があると考え、日本総代理店になりました。

そしてより多くの人に、エジプトを身近に感じてもらえる存在になるといいなと思ってます。

ネフェルスタッフ J.M